子どもアドボカシーとは、子どもがその思いや願いを自分で言えるように助けたり、子どもに代わって言ったりすることです。

子どもの側に立って、子どもをそのように助ける人を子どもアドボケイトといいます。


子どもアドボカシー実践講座・選択ユニット(社会的養護を必要とする子どものアドボカシー)の受講者を募集中です。

内容は、下記をご覧ください。

募集要項
プログラム

お申し込みはこちらから。